高齢者が毎日見たくなるブログを意識して運営しています。

シニア情報クラブ

家電

次亜塩素酸水の加湿器は危険性があるか?加熱式・気化式の注意点&次亜塩素酸水の調達方法とレンタル情報まとめ!

今は健康を守るために除菌は当たり前になってきましたね。

急に脚光を浴びるようになった次亜塩素酸水という除菌水。

お手持ちの加湿器に入れて空間除菌したいけど・・・
危険性があるんじゃない?

という方(私も…)も少なくないですよね。

そこで、次亜塩素酸水を加湿器に入れる危険性&気化式・加熱式どちらを選ぶべきか、次亜塩素酸水の調達方法やレンタルという方法もありなのでご紹介していきます。

 

次亜塩素酸水を加湿器に入れると危険性はあるか?

次亜塩素酸水は「人体にとって安全である」ことを公的に認められたもの、次亜塩素酸水を加湿器に入れて噴霧する危険性は無いのでご安心くださいね^^♪

むしろ部屋全体の除菌や消臭に有効で、加湿器のタンクの内部の除菌も同時にできるから一石二鳥です。

それを証明してくれるのが、厚生労働省の資料です。

次亜塩素酸水の安全性:人の健康を損なう恐れがないことから、食品添加物として指定することは差し支えない。

引用:次亜塩素酸水の食品添加物指定に関する資料 厚生労働省

と、されています。

これは、次亜塩素酸水の殺菌効果を公的に認めたもので、食品ではないので最終食品(加工したサラダなど)に混っているわけではありません。

あくまでも次亜塩素酸水の使用は、調理前の野菜を洗うなど、調理器具の消毒に使われています。

 

いま、このような理由で加湿器が脚光を浴びているのは、空間を除菌できるから

外部からの持ち込み菌が除菌できたら、感染のリスクも大きく減らすことができますよね。

 

それでは、少し詳しく次亜塩素酸水とはどんなものか説明していきますね。

 

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水の定義

塩酸または食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸水を主成分とする水溶液。

引用:次亜塩素酸水の食品添加物指定に関する資料 厚生労働省

と、あります。

用途は広く、厚生労働省では、さまざまな専門分野での使用を認可しています。

例えば、

  • 医療分野では医療機器などの消毒に、
  • 農業分野では、有機栽培資材として農林水産大臣と環境大臣から認可・指定を受けています。

 

次亜塩素酸水の特徴!

  • 見た目は無職透明、pH値は酸性~中性
  • 殺菌と消臭効果が大
  • アルコールみたいな揮発性がないので手荒れの心配がない
  • 衣服やソファーなどの殺菌や消毒にも使える
  • 繊維製品に触れても、漂白作用がないので色落ちの心配がない
  • 高温と紫外線に弱いというデメリットもある

次亜塩素酸水は、高温や紫外線に弱いけど、加湿器で空間を除菌するにはピッタリですね。

 

ただ、次亜塩素酸水は医薬品ではないので、全部のウイルスや菌を除菌するものではないということも付け加えてさせていただきます。

 

ここからは、次亜塩素酸水と間違いやすい次亜塩素酸ナトリウムについて見てみましょう。

 

次亜塩素酸ナトリウムとは?

加湿器には、次亜塩素酸ナトリウムは使ってはなりません。

次亜塩素酸ナトリウムは、人体や金属製品に悪影響を与えます。

ごく身近にあるハイターやカビ取り剤に使うのが次亜塩素酸ナトリウム。
ゴム手袋が必要なほど危険です。
また、「混ぜるな危険」とパッケージも明記されているように取扱要注意。

絶対に加湿器に使用してはいけません。

 

 次亜塩素酸ナトリウムの特徴

  • 強力な殺菌・漂白作用
  • 黄色っぽい色をしていて、pH値はアルカリ性
  • スーパーなどで安価で手に入り易い
  • 脂を溶かしてしまう
  • 酸性の液体と混ぜると毒ガスが発生する(過去に事故もありましたね)

という強力な殺菌や漂白がありながら、危険性も持ち合わせています。
次亜塩素酸水とは名称が似ていますが、加湿器には使えないので注意です。

 

なぜ、次亜塩素酸水対応の加湿器を使わなくてはいけないの?

こちらも、とても大切なことです。

安全性が高い次亜塩素酸水は、塩素系なんですね。

加湿器が耐塩素仕様なら問題はありません。

ですが耐塩素仕様でないときは、部品(パッキン等)の劣化で故障することが想定されます。

なので、次亜塩素酸水対応の加湿器を使うことがベストです。

 

それでは、どんな加湿器を選べばいいのかを見ていきましょう。

 

次亜塩素酸水対応の加湿器の選び方と気化式・加熱式の注意点 

加湿器には4つの種類があります。

それぞれの特徴は加湿器を選ぶときの参考になりますので、まずは、特徴をざっくり説明します。

加湿器の4つの種類と特徴

  1. 加熱式(スチーム式):水を加熱してスチーム(蒸気)にし、温かい蒸気がでる
  2. 気化式:水を含ませたフィルターに風をあてて気化させ、冷たい蒸気がでる
  3. ハイブリット式:水を含ませたフィルターを温め、気化された蒸気がでる
  4. 超音波式:超音波の振動で水を小さい分子にして放出、水がそのまま噴霧される

次亜塩素酸水対応の加湿器の選び方

前章の特徴を踏えると、次亜塩素酸水は高温に弱いので加熱しない超音波式がベストになります。

加熱式(スチーム式)やハイブリッド式は、加熱により効果が薄れてしまうので注意が必要です。

また、気化式はというと、メーカーにより、次亜塩素酸水を使えるものもありますが、使えないものもあったりとバラバラなのでチェックが必要、こちらも要注意です。

 

次亜塩素酸水対応の加湿器は、超音波式を手に入れたところで、次は、次亜塩素酸水をどのように調達するかを見ていきましょう。

 

次亜塩素酸水の調達方法

次亜塩素酸水は通販でも購入できますし、自分で作ることもできます。

 

次亜塩素酸水の調達方法 通販で購入する注意点

通販ではいろいろのメーカーが販売しています。

注意する点は、次亜塩素酸水の濃度です。

大体は希釈して使うほうがコスパはいいです。

メーカーによって濃度がバラバラなので購入するときは注意しましょう。

なお、加湿器に入れる次亜塩素酸水の濃度は50ppmが良いとされています。

 

次亜塩素酸水の調達方法 生成器はおすすめ!

こちらは生成器を購入して自分で次亜塩素酸水を作るというものです。

作り方は、とっても簡単。
たとえば、2リットルの水道水なら食用塩30gでスイッチON、これだけなんですね♪
作ってすぐ加湿器のタンクに入れて使うから在庫の置き場や消費期限の心配はゼロ。
初期費用はかかりますが、何回でも作れるので将来的にはコスパになります。

 

最後に、次亜塩素酸水対応の加湿器選びや次亜塩素酸水の調達が忙しくてできない方向けにレンタルをご紹介します。

 

次亜塩素酸水対応加湿器のレンタルはパナソニックがおすすめ!

ジアグリーン・プランシェという次亜塩素酸水対応加湿器があります。

パナソニックのレンタル商品です。

通常使用による故障は保証されていますし、消耗品交換や面倒な洗浄等は有償ですがやってくれて手間なしです。

赤ちゃんがいるご家庭など期間指定もできてオススメですよ♪

 

-家電
-,

Copyright© シニア情報クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.